ロードバイクのあれこれ(体験談)

ロードバイクを乗って4年になります。実際に経験してみて分かったことやロードバイクに関する疑問などをまとめていきます。

めちゃカッコイイ LOOK KEO Blade Carbon Cr ペダル 最新モデルを使ってみた感想

今回は、LOOKのビンディングペダルを購入しましたので、レポートしたいと思います。

 ビンディングペダルと言っても種類やメーカーなどが豊富にありますが、ご紹介するLOOKのビンディングペダルは機能性はもちろんですが、非常にデザイン性も高いです。

私はもともとはシマノビンディングペダルを使っていましたが、初めてLOOKのビンディングペダルを見たときに『なんだ、このカッコイイペダルは!』と一目惚れしてしまい、2016年からLOOKのビンディングペダルを愛用しています。

 

今回は新しくロードバイクを調達した都合で、ビンディングペダルも新しいモデルを購入しましたので、ご紹介します。

 

LOOK KEO Blade Carbon Crの感想

f:id:chukemaru:20191129150435j:plain

☝︎外箱はこんな感じです。 ちなみに、ビンディングのテンション(ビンディングに足を固定したり、リリースするために要する力)は12Nmを選択しています。シリーズによっては8Nmや16Nmというものもありますが、私は12Nm以下をオススメします。プロ級であれば16Nmでも良いかもしれませんが、その分リリースし難いため、外したいときに外れない、とっさのリリースが難しいため転倒してしまうリスクもありますので、12Nm以下が無難かと思います。

 

f:id:chukemaru:20191129151238j:plain

☝︎開封すると、中身はこんな感じです。ビンディングペダル本体、クリート(シューズ側に装着するもの)、替えのプレート(16Nmのため私は使う気なし)、細かい部品(使いません)。さすがフランスメーカーだけあって、デザイン性は高いです。

 

f:id:chukemaru:20191129151756j:plain

☝︎左側が2016年に購入したモデル、右側が2019年に購入した最新モデルです。正直、デザインが変わっただけで、性能に差はあるのか?おそらく新モデルということですから、回転抵抗を少なくし、多少なりともパワーロスは低減されているとは思いますが、具体的なデータは確認できませんでした。でも、私はそんなの気にしません。カッコイイのでそれだけで気分がいいです。

 

f:id:chukemaru:20191129152800j:plain

 ☝︎過去のモデルと最新モデルで重量を比較しました。多少誤差はあるとして、115gとなります。カタログ値も115gとなります。

 

使い勝手ですが、LOOKのビンディングペダルは、シューズを固定したときに『パチンッ』といった音がしますが、これが気持ちいいんです。もちろん足とペダルとの一体感にも満足しています。

なお、2016のモデルと比較したときに、最新モデルの方が優れているといった印象は特にありません。まぁ、もともともが高品質なビンディングペダルですから、今さら大きな改良なんかは不要なんでしょうか。

 

参考までに、以前に作成したLOOKの記事を載せておきますので、興味がある方はぜひご参照ください。 

roadbike-chukemaru.hatenablog.jp

 

LOOKのビンディングペダルは高価ではありますが、機能性はもちろん抜群であり、そのうえデザインがオシャレです。購入を検討されている方は、ぜひお試しください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。