読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイクのあれこれ(体験談)

ロードバイクを乗って2年になります。実際に経験してみて分かったことやロードバイクに関する疑問などをまとめていきます。

assos(アソス)のビブショーツを使ってみた

 assos(アソス)をご存知でしょうか。

 

僕が知る限り、サイクルウェアのトップブランドだと思います。

 

サイクリストなら知る人ぞ知るassosではないでしょうか。アソスのブランドについては、多くのサイトでも掲載しているので省略します。

 

さて、今回はアソスのビブショーツを購入して6ヶ月ほど経ちましたので、感想を書きたいと思います。

 

そもそも、ビブショーツについてはmavic(マヴィック)のパッド付きを使用してきましたが、長距離だとどうしてもお尻に耐え難い痛みを感じていたために、更なる快適さを求め、ビブショーツを探していたところです。

 

独自の調査と周りの先輩方に聞いたところ、どうもアソスのビブショーツは素晴らしいという意見が多数でした。

 

結果から言います。

アソスのビブショーツ、最高です。

全てにおいて計算し尽くされて作られている感じがします。

実際に、6年かけて研究開発されているようです。

詳しくは後半で書きますが、モノがイイだけに高いです。

 

本当に高い。ビブショーツでもいくつかモデルがありますが、一番安いものでも2万円を超えます。

 

ただ、お尻の痛みで悩んでいて、ビブショーツで少しでも解消したいと考えている方には、最善のモノだと思います。

僕自身、お尻の痛みにはずいぶんと悩んできました。

ビブタイツについては、パッドの評価が高いSUGOiのフォーミュラFXを着用していますが、アソスのパッドの方がお尻に優しいです(個人的な見解です)。

 

アソスのビブショーツを欲しい方はたくさんいると思います。アソスのビブショーツ

ですが、いくつか種類があります。

 

僕が購入したのは、T.equipe s7というものです。エキップと読みます。

エキップは、左足の太もも部分がピンク色のラインが入ります。小洒落てます。

アソスのビブショーツの中では中の下といった位置づけでしょうか。エントリーモデルのネオプロよりも、パッドの構造がより向上しているそうです。

ややタイトな作りと言われていますが、締め付けられている感覚はなく、ストレスはありません。

f:id:chukemaru:20160915235656j:plain

パッドの厚みは8mmになります。

価格は約3万円です。

さらに上位モデルのパッドの厚み10mmも検討しましたが、価格が約4万円となりキリがなくなるので、エキップにしました。

また、実際に愛用者にも相談しましたが、エキップで十分とのことでした。

 

8mmのパッド厚って、不安になると思います。

だって、パールイズミのネガパッドやSUGOiのフォーミュラFXならもっともっと厚みがありますから。

でも、さすがアソスです!厚さでは劣りますが、パッドの品質は勝っています。

アソスのパッドは潰れないんです。柔らか過ぎないので、きちんとパッドの機能が発揮されます。それでいて、厚いパッドにありがちなもっさりした感じがなく、履き心地は、非常にスッキリしています。大げさに言えば、履いているのを忘れるような感覚です。

f:id:chukemaru:20160915235400j:plain

実際に150kmのロングライドもケツ痛はなかったです。

まったく痛くない訳ではないですが、ほんのり痛い程度です。 

 

それから、肩にかけるゴム生地の具合も素晴らしいです。ロードバイクに乗っている時のスタンスを考えて設計されているため、引っ張られる感覚はありません。

 

それから、男性のお話ですが、お腹まわりが浅く作られており、小便が容易にできます。いちいち肩から外してショーツをおろすといった必要はありません。

 

残念だった点も書きたいのですが、今のところ不満は何もありません。

全てにおいてパーフェクトに思います。

 

アソスのビブショーツ、きっとこれを履き続けることでしょう!

でも、文句なしに最高の品質で当然ですよ、めちゃめちゃ高いんですから。

 

ちなみに、修理は基本的に無償で対応してくれるようです。実際に修理を依頼したことがないので分かりませんが、書類にそのように書いてあります。凄すぎる。

ビブショーツの旅はこれにて完結しました。

f:id:chukemaru:20160915235753j:plain