ロードバイクのあれこれ(体験談)

ロードバイクを乗って2年になります。実際に経験してみて分かったことやロードバイクに関する疑問などをまとめていきます。

かわいい自転車ライト!キッズ用にもおすすめアニマルライトの感想

今回は、動物の自転車のライトを紹介します。

商品の名称はズーニマルヘッドランプといいます。
機能はさておき、とにかく見た目が可愛すぎます。個人的には、お子さんや事故防止のためのライトとして適しているかと思います。

実は、我が家では私だけでなく、子ども用の自転車ライトしても使用しておりますので、今回は実際に使用した感想を書きます。

機能をご紹介

ライトの機能として、3つのモードがあります。
・点灯モード
・点滅モード1(ゆっくり点滅)
・点滅モード2(早く点滅)

全体的にシリコン素材で、動物の背中がボタンになっており、ボタンを押すごとに、点灯⇒点滅1⇒点滅2⇒消灯に切り替わります。

点灯モードであっても路面を照らすというライト本来の機能は期待しない方がいいです

このライト1つだけでは田舎道はちょっと危険だと思いますが、都会の明かりがある道や、自動車や他人への存在アピールのためであれば十分機能します

f:id:chukemaru:20180121233456j:plain

☝犬のライトです。目がピカピカに光ります。

f:id:chukemaru:20180122211329j:plain

子どもが昼間に自転車に乗るときでも、事故防止のために点滅させています

f:id:chukemaru:20180121233028j:plain

☝我が家では3つも持っています。並べるとカワイイ。

 

取付けは簡単

電池やハンドルへの取付けについて簡単に説明します。とても簡単です。

f:id:chukemaru:20180121233711j:plain

☝本体の裏側の画像です。蓋を外すとこのようにボタン電池の交換ができます。

 

f:id:chukemaru:20180121233807j:plain

☝ハンドルへの取付けですが、写真のようにしっぽの凹凸で太さを調整できますので、ほとんどのハンドルへの取付け可能です。

  

どれくらい明るいのか?

ライト本来の機能としてどれくらい明るいのでしょうか。暗闇で写真を撮ってみました(自宅の真っ暗な階段を撮影しました)。

f:id:chukemaru:20180122214429j:plain

☝暗闇の状態で、2m先の壁を照らしました。ライトとして最低限の明るさはありますが、あまり性能は期待しない方がいいと思います。

私は、近所1kmくらいの範囲内であれば、アニマルライトしか付けませんが、長距離を乗るときは、キャットアイのまぶしいライトも併用してます。

 

ちょっと短い記事ですが、今回はこれで終わりです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。