読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイクのあれこれ(体験談)

ロードバイクを乗って2年になります。実際に経験してみて分かったことやロードバイクに関する疑問などをまとめていきます。

腰の痛みに『ニューハレ』を使ってみた

ロードバイク

ロードバイクに乗っていて、腰が痛くなる方は多いかと思います。

特に、ヒルクライムグランフォンドなど、坂を登ると腰痛になりやすいかと思います。

 

実は私、軽いヘルニア持ちなんです。

平地では気になりませんが、登坂を多く走るときは、よく腰が痛くなります。

腰の管理は本当に大切です。腰をやってしまうと日時生活にも影響しますからね、何らかの対応を早めに検討した方がいいです。

 

そこで対応策をいろいろ調べたところ、『ニューハレ』というテーピングが評判いいみたいで、早速、購入しました。

 

New-HALE(ニューハレ) テーピングテープ ヒザ コシ フクラハギ 肩 すぐ貼れるシリーズ V-TAPE ベージュ (6枚入) 731953

New-HALE(ニューハレ) テーピングテープ ヒザ コシ フクラハギ 肩 すぐ貼れるシリーズ V-TAPE ベージュ (6枚入) 731953

 

 

私が購入したのは、『ニューハレ Vテープ』というシリーズです。テープがはじめからV字にカットされているため、そのまま貼ることができます。

正直、テーピングのイメージって貼るのが面倒くさいんです。でも、ニューハレVテープは、面倒な作業は一切ないです。テープを切る作業がありませんし、ただ貼るだけです。普通のテーピングと違って非常に手軽です。

f:id:chukemaru:20160526232505j:plain

手で伸ばしてみるとそれなりに伸縮性があります。ニューハレの貼り方ですが、説明書が同封されており、コシ、膝、ふくらはぎの貼り方が載っています。1人で簡単に貼ることができます。

貼った感触としては、特に何も感じません。ニューハレを伸ばして腰に貼るわけではないので、引っ張るような感じもしなければ、固定されてるような感覚もありません。貼っていることを忘れます。

f:id:chukemaru:20160526232553j:plain

腰痛防止のため、6回ほど使用しましたが、結果として、貼ると腰痛はかなり軽減されました。

 

ニューハレを貼らないときは、100km位走ると腰が痛みだし、明らかに腰をカバーするような走りになるほど痛かったんです。

 

しかし、ニューハレを貼ると、やはり痛くはなりますが、特に走り方がぎごちなくなるような痛みにはなりません。

正直いって、ニューハレを貼っても全く痛くなくなるわけではありません。ただし、それなりに効果はありますし、腰痛が軽減されるというのは、ロードバイクで走るうえで極めて重要なことだと感じています。

 

少し値段が高いので、毎回貼ることは難しいですが、腰の痛みが気になるとき、登坂するとき、長距離を走るときなどは貼るようにしています。

 

一度お試しあれ、私はもう手放せません。

 

はじめは6枚入りで試していただいて、気に入れば20枚入りや、割安の普通のテーピングタイプもあります。

 New-HALE(ニューハレ) テーピングテープ ヒザ コシ フクラハギ 肩 すぐ貼れるシリーズ V-TAPE ベージュ (6枚入) 731953

 

New-HALE(ニューハレ) テーピングテープ ヒザ コシ フクラハギ 肩 すぐ貼れるシリーズ V-TAPE ベージュ (6枚入) 731953